自走式アスファルト及びチッピング材敷き均し機械
CEPIA

自走式アスファルト及びチッピング材敷き均し機械 CEPIA

CEPIA は、⼈⼒によるアスファルト敷き均し作業に⾰命をもたらします。
機械式の利便性で⽣産性を向上させるとともに、労働⼒を削減し、作業員の疲労度を⼤幅に軽減することで、今後深刻化が予想される⼈材不⾜問題の解決にも役⽴ちます。

生産性と品質の向上

  1. 静圧式トランスミッション採用で、現場でのアスファルト合材運搬が容易です。
  2. スクリードの高さ調整機能(1~10cm)により、連続的で一貫性のある正確な敷きならしが可能です。
  3. スクリードは排ガスを利用した加熱機能付きで、アスファルトの敷き均しを容易にし、品質を向上させます。

CEPIA 施工風景

作業員の疲労を取り除きます

  1. 自走式なので、作業員が負担を感じること無く現場内を楽々移動できます。
  2. 小回りが効くので、スペースが限られている場所でも、正確な作業が可能です。
  3. 一般的な一輪車の約3倍の大容量で、合材運搬回数を減らして作業効率を向上させます。

CEPIA 施工風景

砕石スプレッダとしても使えます

操縦性と作業スピード

CEPIAにより、手作業なしで砕石を散布できます。
砕石スプレッディングは、コート散布作業と装飾用チッピング材の両方で行うことができます。
砕石散布作業の中で最も時間のかかる作業を機械化することで、作業コストを半減させることができます

高さ・幅を調節可能なハッチ開口部

ハッチ開口部は、高さ調節可能により投与量の調整が可能です。
また、開口部は4つに分かれているので散布幅を4段階(25~100㎝)に変更できます。

CEPIA ハッチ開口部

製品紹介動画

仕様

最⼤作業幅 1000mm
最⼩作業幅 250mm
散布⾼さ 100mmまで
ハッチ数 4
ホッパー容量 150L
ホッパー⾼さ 700mm
空⾞重量 220kg
総積載重量 500kg
エンジン出⼒ Honda GXV 160 - 3.2kW
油圧駆動 G730
スクリード加熱⽅法 排ガス熱回収
全長(作業時) 2,000mm
全長(輸送時) 1,670mm
エンジンオイル 10W 30 API-SJ
エンジンオイル容量 0.65L
トランスミッション
オイル
20W 50 Engine
トランスミッション
オイル容量
2.8L
作動油 HV46
作動油容量 6.5L
駆動ベルト Poly-V J8 ⻑さ457
トランスミッションと
オイルフィルター交換
100 時間、その後400 時間または1 年
エンジンオイル交換 20 時間、その後100 時間または6 ケ⽉
油圧フィルターと
作動油交換
20 時間、その後400 時間または1 年

各種ダウンロード

画像をクリックするとpdfファイルが開きます

カタログ
株式会社アイデア・サポート

〒506-0818
岐阜県高山市江名子町3200番地8
Phone: 0577-57-7756
Fax: 0577-57-7757

Email: info@ideasupport.co.jp